人生ラストを締めくくる

人は誰でも最期は旅立ちます。残された者は悲しいですが、それが人間の宿命です。できる限り最期まで自分自身が心から納得した人生を歩みたいと思うものですが、最近ではそうした思いを形にできる「終活」がブームとなっています。

終活で早めに取り組むべきことベスト5

no.1

身辺整理

これまで収集してきた物や、思い出の物の整理を始めていきましょう。遺族にとって遺品整理はとても大きな負担になります。これから生きていく上で本当に必要になる最低限の物を分別して、不要な物は処分していくようにしたいものです。

no.2

葬式の段取り

自身の葬式について真剣に考え、家族に相談しておきましょう。いざそのときが来ても、本人の意志をくみ取った葬儀ができるためスムーズです。どんな葬式にしたいか、規模はどれくらいか、どの寺院や葬儀場をチョイスするか。また、連絡すべき人もピックアップしてくといいでしょう。

no.3

生前にリサーチしておくといいものに、墓地も挙げられます。独身で跡継ぎがいない、身よりがない、または思想的な問題で自身の代で墓じまいをする予定であれば、永代供養など別の供養方法の手続きをしておけば安心です。

no.4

遺言

遺産相続は遺族が分裂してしまうなどのトラブルが生じやすいです。残された家族のためにも、然るべき手続きで定期的に遺言状を作成するようにしましょう。ファイナンシャルプランナーや弁護士など、プロに相談しながら進めていくこともおすすめです。

no.5

伝言

生前お世話になった人たちに向けてメッセージを残しておくことも大切です。家族や友人、仕事関係など、これまでの人生でたくさんの人たちと出会い、多くの思い出を紡いできたはずです。感謝の気持ちなどを率直に述べて用意しておくといいでしょう。

自身の葬式のために準備しておきたいポイント

葬儀場を選ぶ

葬式を行なう場所は地域性や本人の宗教によってさまざまですが、一般的には地元のセレモニーホールで行われることが多いです。セレモニーホールは、地域によっても候補がたくさんありますので、まずはどんな業者がいいのかをピックアップするといいでしょう。資料を取り寄せたり、実際に見学に行ったりして様子をチェックします。

プランをチョイス

葬儀業者と併せてプランを考えるようにします。葬儀スタイルも多種多様になっていますが、弔問客がどれくらい来るかによっても最適なプランが変わります。家族だけで見送るファミリー葬も最近では支持されているようです。また、自分自身が参加できる生前葬も注目されています。

費用の確保

葬式には費用がかかります。葬儀のプランによっても料金は上下しますが、小規模であれば数万円から数十万円、一般的な葬儀でも平均すると200万から300万円程度はかかってきます。社会的ポジションがある立場の人の葬儀では、規模が大きくなり費用もさらに高額になります。そうした費用は、生前からしっかりと工面しておきたいものです。

悔いのない葬式を行なうために今から準備を始めよう

葬式

そもそも終活の定義とは

全国的に自分自身のライフプランの締めくくりとして「終活」に力を入れている中高年が増えています。終活とは、一言でいうと自身の「死」に対して前向きに準備する活動のことです。日本では「死」がタブー視されがちですが、生きとし生けるものはすべて避けては通れない問題です。死に直面するような事態が起こってから慌てて準備しようと思っても、時既に遅しというケースが多いです。「ああすれば良かった」と後悔するよりも、先を見据えて少しずつ準備しておけば、自身はもちろん家族など周囲にとっても助かるはずです。人生のゴールが近づいてきたら、身辺を整理したり、葬式や墓地について決めていくことを進めていきましょう。

よりよい明日のために

人が亡くなった場合は、葬式をして見送ることが習わしとなっています。生前葬であれば、自身も葬儀に参列するかたちにはなりますが、一般的な葬儀の場合は、もちろん本人は亡くなっているため残された家族や親戚が中心となって葬儀を行なってくれます。そのため、なかなか故人の意見や思いが反映されにくい葬儀になる例が多いといえます。そうしたことを避ける意味でも、自身の葬式について普段から身の回りの人と話し合っておくことが有効です。柏原市には葬儀場が多数ありますが、生前から家族と一緒に下見に行ってプランなどを選定しておけば安心です。遺影などもお気に入りの写真を指定しておけば、悔いが残ることはないはずです。また鹿児島では、ファイナンシャルプランナーを交えて、終活を進めていく人も多いです。葬式では莫大な費用がかかりますし、遺産の分配も重要になってきます。人間関係や税金などトラブルも多くなるお金の問題は、早々に解消しておくようにしましょう。

広告募集中